神待ち女性

身持ちがかたい神待ち娘

神待ち掲示板では、シビアな女性が多い

 

神待ち掲示板で、出会いを求める女性も多いです。

 

私の父親は警察官でした。警察官は逞しく、夜勤手当などの手当も多いので、お給料的には良かったので、警察官や消防署員は良いと思っています。
学校の先生は、今の時代、精神的に大変そうですし、神経質な人が多いイメージがあるので出来たら避けた方がいいように思います。
公務員は倒産する事がなく安定しているので結婚には最適だと思いますが、もし大企業の男性と結婚できるなら、絶対大企業の男性と結婚する方が良いでしょう。
何故ならお給料的には比べ物にならないぐらい大企業の方が良いでしょうから。
大企業なら倒産する可能性も極めて低いですし、もし倒産しても国から保護されたり、大企業に勤めていたという経歴を買われて直ぐに新しい職場が見付かりそうです。
「旦那さんが大企業に勤めている」というだけで自慢できそうですし。
なので、大企業の人と結婚できないなら、公務員と結婚した方がいいと思います。

 

私の父が、公務員でしたので、母の毎日の生活は、ほぼ決まった時刻に家を出て、決まった時刻に帰宅してくれる父の食事等の準備や、通常のサラリーマン以上に、休日が、きっちりと決まっていた事もあって、落ち着いた、動き易さを感じていたようですし、何故、他の男性からも求婚されていたという母が、父を選択したのかという理由の一つに、父が公務員であったから、収入が安定し、商売をしているお宅とは異なり、特別裕福とはいえずとも、特別貧困にも成り得ないという安堵感が、一番良いと思ったからだそうです。

 

確かに、母は、父が亡くなった後も、公務員の父の年金額が高かったので、一人生活も悠々自適で、現役で働いていた夫のお給料よりも良いかもと、一企業のサラリーマンの夫と苦笑した思い出があります。
ですから、女性に公務員の男性が人気なのは、このご時世、これからの社会に対する少々の不安を感じた時には、公務員であれば、何とか、自分達の家も持つ事ができ、老後も安定した生活が出来るからかもしれません。

 

でも、自衛隊等の勤務の夫を持つと、何か起きた時には、家族として、ドキドキ心配もする事もあって、そのような職種の方との結婚は、ある意味、一つの覚悟を持つ必要もあるのですから、そのような時に、幸せか、否かと問われれば、それは、その女性の気持ちしだいだと思うのです。

 

日頃から、幸せというものは、朝、目覚めた時、カーテンの隙間からこぼれ入る朝日を眺める事ができるような平穏さ一つでも幸せと感じる女性もいれば、家族が健康である事だけでも幸せと感じる女性もいるわけで、単に、公務員ゆえの金銭的安定というメリットを強く感じるタイプの神待ち女性は、公務員であれば、職種によらず、幸せと感じるかもしれません。

 

お互いを高め合いながら生活できるのは幸せ

 

公務員にも様々な人がいます。優しい人、頭のいい人、機転が利く人、自信過剰な人。民間企業にもこのような人は沢山いますが、公務員の中には、「自分は公務員だから」と自信に満ちた人が多いです。

 

責任を持って仕事をしないと、批判は個人にでは無くトップの責任になってしまいますので自分に厳しくする必要があります。管理能力が無くてもある程度の位置まで出世は出来ます。給料もよく、毎年大幅アップはしなくても安定はしていますし、ボーナスもかなりある方だと思います。

 

この点も年齢が上がるに連れ、給料も上がっていきますので安心感はあります。

 

定年退職後も、退職金も含め年金面も安心出来るだけの金額がありますので、問題なく勤めれば大丈夫だと思います。

 

また、福利厚生も充実していますし、休日面も完全週休二日制で、有休面もきちんとしています。ただ、定時に帰ることも出来ますが、大半は定時以降に帰宅になると思います。

 

また、地域のためや県民、府民、都民、道民のために休日返上になることもあります。人間性に問題がなく安定感を求めるならば、公務員との結婚は幸せなのではないでしょうか。

 

それなりに研修を積み、自己管理能力が出来る人へと成長する人が多いと思いますので、一緒に生活していくと勉強になることも多々あると思います。